FC2ブログ

元気がでます。

未分類(1155)DTIアフィリエイトで稼ぎましょう(0)ピチピチギャルと熟女が出演しています(0)喜びながら配り続けてくれるツール(0)濃厚なセックスは終了したのだった(1)今までにない強烈な快感に意識を飛ばしてしまいそうになった。(1)イトウさんとは、今でもアナルセックスを楽しんでいる(0)俺が精液を吐き出す頃(3)俺のちんぽも白い精子を大量にアイのおまんこに吐き出した(2)イメージトレーニングしながらのオナニーに励む俺だった(1)まるで無修正のAVみたいだ(1)最初のセックスは終了した(2)女同士の清くない交際(2)本日三発目となる精液を吐き出したのだった(2)乱交パーティの衝撃の体験(2)玉切れの経験をした(1)担任の教師生徒指導室で女子生徒を犯す(1)近親相姦が長く続きそうだと思って、ため息がでた(母親)(1)近親相姦じゃないと知った俺は、両親が帰ってくるまで、アイとヤりまくった(2)近親相姦 兄妹(3)出会い系で出会ったアイは、ロリ巨乳だった。(1)出会い系で出会ったアイは、シングルマザーだった。(0)出会い系で出会ったアイは、出張の多いダンナを持つ人妻だ。(2)キャンプで二組の屋外セックス(2)俺が野外露出痴女に出逢ったのは、予備校の帰りだった。(2)不倫旅行は温泉に限る。そして屋外露出を楽しむ(1)生徒強姦(1)熟女強姦(1)処女強姦(1)乱交パラダイス(1)男2人女1人(1)乱交接待(1)レンタルM女(1)SMプレイ(1)アダルト M女比べの日(2)小さな露天風呂でSEX(1)野外露出痴女とのSEX(1)童貞と処女との性交(2)顔射に始まり、アナルセックスや3Pまで経験(0)M女の交換 今日は約束のM女比べの日だ。(1)彼女は尽くしてくれるタイプだ(2)取引先男性のM女との性交(1)強制3Pされている彼女 可哀そうではない(1)淫乱で絶倫のコギャル達との3P(1)ハメ撮りは何度やっても興奮する。(1)4Pで乱交の快楽に浸りたいと思う。(1)水中でのセックスは、刺激がゆるやかでいつもより長く楽しめそうだ。(1)メガネをした年上の女性をみると、むらむらしてしまう(1)私は乱交の気持ちよさに溺れた(1)今日の俺は人妻のペットになってしまったらしい(1)最初のカーセックス(1)公開セックスの経験(1)おっさんに見られた野外露出セックス(1)秘伝!彼女たちと出会うまでの方法(1)若くてきれいな女教師とのSM緊縛プレイ(1)女装陵辱プレイにはまる(1)放尿挿入プレイが大好きな看護師(1)舎弟の童貞喪失の模様見学の記(1)アナルセックスも悪くない(1)輪姦なのか乱交なのか微妙だけど、今夜もまだまだ楽しめそうだ。(1)近親相姦プレイ 出会い系で(1)金髪の外人のマリーとのセックスは俺の青春のすばらしい宝物だ(1)OL風のメガネ美人との3Pは、まだ始まったばかりだ(1)3Pは想像以上に興奮する (1)上玉童顔処女との3P(1)誕生日に4Pするなんて思ってなかったけど(1)おまんこにバイブを入れられながら、マスターと二人きりになれるのを心待ちにしていた(1)レズで3Pっていうのは初めてだ(1)クリトリスをいじられ、バイブでおまんこの中を責められて、私はセックスではじめて失神した(1)レズのセックスが気持ちよすぎて、もう普通のセックスができそうにない(1)私は今度、こっそりバイブを買ってみたいと思っている。(1)ローション、けっこう使えるじゃん(1)フェラチオの目的は15才年下の夫の浮気チェック(1)風俗に行って、口内発射するのが、俺の自分に対するご褒美だ。 (1)一日に何回も口内発射されるのも疲れるし、そろそろ辞めちゃおうかなあ(1)私の彼氏は女装でセックスして、レズっぽい気分を味わうのが大好きな変態だ(1)オムツの装着と後片付けも、介護の予行練習だと思って諦めている(1)先輩に彼女がいないのは、先輩が変態だかららしい(1)手コキバーの経験(1)手コキとフェラチオのコンボで浮気回避成功かも!(1)上下から犯されながら、私は自分でも腰を振ってしまっていた。(1)ちんぽをしめつけて、また絶頂を迎えた私は、もう電車を降りたいとは思わなくなっていた。(1)私は童貞の彼に中出しした後のおまんこを写メで撮られた(1)近親相姦 母子(1)顔射した年下の男に処女を捧げた女の物語(1)顔射 大学の映画研究サークルでの経験(1)自分の性欲解消ために顔射されると不愉快になる(1)>●出会い系サイト 彼女たちと出会うまで1(1)出会い系で彼女たちと出会うまでを18項目に分けて詳しく解説 (1)今までにない強烈な快感に意識を飛ばしてしまいそうになった(1)出会い系で出会った彼女は、熟れ熟れの熟女だ(1)強烈な快感に意識を飛ばしてしまいそうになった(1)「おまんこ、おまんこ舐めてぇ。」知的美人の懇願(1)「看護師さん、たまってるんじゃないですか?」(1)昼間遊べる男を出会い系で調達する方がベンリ。(1)SMで今までにない強烈な快感に意識を飛ばしてしまった(1)

スポンサーサイト

ブログトップ > カテゴリ - 近親相姦 母子
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近親相姦 母子

ブログトップ > カテゴリ - 近親相姦 母子

近親相姦 母子



大学生になった息子のサトルが、ものすごく暗い顔で帰ってきた。

次の日になっても、部屋から全く出てこない。
私はサトルがこのまま引きこもりになってしまうのではないかと、心配でたまらなかった。

成績もよく、スポーツも得意だったサトルは、女の子にもモテていたし、今まで私に心配をかけたことなんてなかったのに。

私はサトルの部屋のドアをノックして、中に入った。
昼間なのにカーテンがしめられたままの薄暗い部屋。

サトルはベットにうつぶせに横たわったまま、枕に顔を埋めていた。

「サトル、どうしたの?何か悩みがあるなら、ママに話してみて・・・。」
しばらく、サトルは無言だった。

やっと口を開いたサトルは、とても小さな声で、
「・・・下手だっていわれたんだ。」

「サトルが下手?何が?」
「セックスだよ!昨日、はじめて彼女とヤったんだ・・・。やっと入れたと思ったら、すぐ射精しちゃって、彼女に下手って笑われて、フラれた。」

「そうなの・・・。」
私はサトルが今まで童貞だったということの方に驚いた。

「ずっとママのいうとおりに勉強ばっかしてたから、セックスが他の男より下手になってたんだよ!どうしてくれるんだ!」

ヒステリックに私を責めるサトルに、私がしてやれることといったら、自分の体でセックスを教えてあげることだけだった。

近親相姦したいなんて、考えたこともなかったのに。
むしろ、近親相姦なんていう話をきくたびに、気持ち悪いと思っていたくらいなのに。

サトルには近親相姦に対する抵抗は全然ないみたいだった。
近親相姦してでも、セックスが上手くなりたかったのかもしれない。

他の女にセックスが下手だとまた笑われるくらいなら、近親相姦でけしてけなさない私にセックスを教わって、早く上手くなりたかったのだろう。

主人は単身赴任していたから、私達には近親相姦にふける時間がたくさんあった。
息子の前で裸になるなんて、何年ぶりだろう。

私の裸でも勃起することができるのか不安だったけど、性欲旺盛なサトルはおなかにつくくらいちんぽを勃起させていた。

「コンドームを切らしているから、今日は挿入はなしにしましょう。」
いきなり、最後までするのはちょっと罪悪感があった。

もしかしたら、サトルも途中で近親相姦はイヤだって思うかもしれないし。

「俺が11個も持ってるから、大丈夫だよ。」
サトルは私をカーペットの上に押し倒した。

「ママが若くて美人でよかったよ。友達の母親なんて、モロおばさんで、絶対に勃起できないもんな。」
サトルが私のおっぱいをもみながら、べらべらと話し続ける。

「うちに遊びに来た友達はみんな、ママとヤりたいっていうしね。」
「よかったら、何人か紹介しようか?ママだって、ずっと放置されてて、欲求不満だったんだろ。」

私はサトルをぎゅうっと抱きしめた。
おっぱいに顔をうずめて、サトルがすすり泣く。

「大丈夫。サトルのしあわせのためなら、近親相姦くらいなんでもないのよ。」

「ママ・・・。」
サトルは私の唇にキスをして、舌を入れてきた。

にゅくっにゅくっと舌が絡まりあって、唾液がいやらしい音を立てる。
キスはそこそこ上手よね・・・。
キスしながら、乳首をいじっている指も、割と気持ちいい。

乳首をしゃぶられていると、サトルが赤ちゃんだった頃を思い出した。
授乳のときは、よく乳首をかじられて、痛かったっけ・・・。

息子の手で足を開かれて、濡れたおまんこをみられるのは、ものすごく恥ずかしかった。

「俺、ここから出てきたんだよね。」
サトルが指でおまんこを上下になぞりながら、面白そうに私のおまんこを観察している。

「不思議だよね。こんなせまいところから出てこれるなんてさ。」
つぷんと膣の中に指を入れられる。

「十分すぎるくらいキツいね・・・。昨日ヤったモトカノのおまんこよりキツいかも。」

「他の相手との比較を口に出すなんて、マナー違反よ?」
私はちょっとサトルの顔をにらんだ。

「ごめん。そうだよね。」
サトルの指は私のおまんこの中で、くにくにと動く。

確かに、どこが感じるポイントなのかわかっていないようだけど、下手っていうほどではないと思う。
サトルは私のおまんこに指を入れたまま、クリトリスを舐めた。

舌全体でれろれろと舐められるのは、それほど気持ちよくないけれど、膣を刺激している指と合わせると相乗効果で少しずつ快感が強くなっていく。

「すごい・・・ぐちゅぐちゅだ・・・。」
自分の愛撫で私のおまんこが濡れているのが嬉しいのか、サトルはとても興奮している。

「もう入れてもいい?がまんできないよ。」
サトルは私のおまんこから指を抜いて、もたもたとコンドームをつけはじめた。

陰毛を巻き込んだりして、装着に苦労している。

「あせらなくてもいいわよ。慣れれば早くつけられるようになるわ。」

サトルはようやくコンドームをつけ終えて、おまんこにちんぽをあてがった。
膣口をさがすように、亀頭がワレメを何度も往復する。

「ここよ。ゆっくり入れてね。」
私はサトルのちんぽを膣口に導いた。

じりじりとちんぽがおまんこの中へと入ってくる。
自分の息子ながら、かなり立派なちんぽだ。

「ううっ。キツすぎるよ・・・またすぐ射精しそう。」

「まだ射精しちゃダメよ。動かさないで、マジメなこと考えなさい。」

奥までおまんこに入っているちんぽをきゅっとしめつけると、サトルは悲鳴をあげる。

これはかなりトレーニングを必要としそうだ。

サトルの体の重さを受けとめながら、近親相姦が長く続きそうだと思って、ため息がでた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

プラグイン1

プラグイン2

コピーライト

Author by katu10k / Designed by マンゴスチンw /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。